TOP

 科学的な偽造か、否か、の検査は弁護士に限り無料です。
         
東京筆跡印鑑指紋鑑定所 03-5950-3300    


重要な「遺言書などの鑑定」は直接に事務所にお訪ねください。
出来る限り、弁護士さんとの同行をのぞみます。

重要資料 の郵送はお受けしません。

筆跡・印影鑑定は、デジタル・スーパーインポーズ検査方法で
印影鑑定人が詳細に検査します。
  結果をディスプレィ画像で添付します。
 
筆跡鑑定
・・印影にしても、近年のハイテク技術を応用して筆跡鑑定・印影偽造は精密になっています。それに対する、 印影も過去の経験や実績を重ねただけでは対処できません。所謂、一部の印影鑑定人は天眼鏡片手に印影鑑定結果を提出しています。裁判官も印影鑑定人の経歴のみ優先して判決するなど、誠実さを欠いた裁判も行われています。
コンピューターを利用したり、フォトコピーなどを応用すれば筆跡・印影の偽造が容易です。


裁判所からの(選任依頼)
 
釧路地方裁判所』印影鑑定・筆跡鑑定・ 『宇都宮地方裁判所』・・ 『東京簡易裁判所』 『東京法務局訟務部検事』・
 『岡山地方裁判所』・『大阪地方裁判所』・『静岡地方裁判所』 『前橋地方裁判所』・千葉地方裁判所』・ 『高松高等裁判所』印影鑑定・筆跡鑑定・『鳥取地方裁判所』 『富山地方裁判所』印影鑑定・『広島高等裁判所』・ 『東京地方裁判所18部』印影鑑定・筆跡鑑定東京地方裁判所14部』・
『東京地方裁判所48部』印影鑑定・筆跡鑑定『広島家庭裁判所』『奈良地方裁判所』広島地方裁判所』印影鑑定・筆跡鑑定

東京高裁・名古屋高裁から印影鑑定・筆跡鑑定の選任を戴きました。
各法律事務所
 
他に官庁・団体・報道・大手法人から受件しています。

 
 現代的な科学機器での「偽造」は年々精密になつて居るので、それに対応する印影鑑定は過去の検査方法では対処出来ません。 特に『印影』は、真正印影とそれに比較する『印影』と詳細に検査しても『同一印影か否か』が判然としない事もあります。所謂、一般に言う、実印(銀行印等)の「印影」と「印章」とが一致しても、両方がマージナルゾーンや朱肉の押印で僅かなズレは必ず現出している。尚、近年の科学的な印顆製造は「真正印影」をバソコンに入力して、彫刻している。入力した印影と同じ印影が出来る。遺言書(筆跡鑑定の結果)金銭消費貸借契約など金銭トラブルにからんだ問題が複雑に横たわっています。預金の不正引き出しが最近の話題の焦点になっています。ピッキングによる盗難で預金者側と銀行側との主張が対立しています。「確認不十分」対「過失はない」が争点です。
 警察庁の発表では、2001年度の民家侵入による通帳や預金証書の盗難は1万件を超えました。問題を複雑化しているのは窃盗団グループ・偽造グループ・預金の引きおろしグループと役割分担している点です。引きおろした犯人を逮捕しても、窃盗したグループまで逮捕できなかったりする場合もあることです。筆跡鑑定の結果、当研究所では、時には、大胆な推理で手口を解析していきます。 この場で筆跡鑑定それら手口を公開することは逆に犯罪者に手口を教えてしまう危険性がありますのでできません。ここでは単純な例示のみを掲載しておきます。筆跡鑑定をした。
  いくらご自身が注意しても筆跡鑑定のトラブルに巻き込まれることもあります。そのような場合には、早い時期に当社科学技術調査研究室までご相談ください。
 長年筆跡と印影に携わったベテラン調査員がご相談賜ります。ご相談内容が第三者に筆跡鑑定漏れるようなことは一切ございませんので、お気軽にご相談下さい。(秘密厳守)

    〒170-0013東京都豊島区東池袋1-36-3号 陽光ビル8F
   
Fax 03-3987-3077
   
東京筆跡印鑑指紋鑑定所 03-5950-3300 事務所は池袋駅から徒歩5分 「地図は