貴方が知りたい「遺言書」「契約」その他について、10日以内に方向性の結果をお知らせします。  レタ−パックプラスで送ってください コピ−可能。                       川野鑑定人 が文書で結果をお知らせします。 

  〒170 0013
東京都豊島区東池袋 1−36−3
  東京鑑定事務所 宛

             真偽の確認は、内容を分析説明します。
鑑定人「川野かずよし」が相談に応じます。

北朝鮮提出の「横田めぐみ」さん。 大阪高裁で 「一澤帆布 (遺言書)騒動」 で
「科捜研・警察文書OB鑑定書を敗訴 にした魚住和晃 (神戸大学名誉教授) が当事務所に協力戴いています。
「命のビザ」杉原千畝のユネスコ世界記憶遺産に申請「訂正文字」の鑑定 TV28.10,30,放送
実績は裁判官からの選任依頼書は閲覧可能です、(但し内容は不可)    
全国の裁判官から選任依頼は下記の通り 0120-65-5950  03-3200-0007
鑑定料金は裁判所と同じです、裁判官依頼書が閲覧可能です。(依頼内容は公表不可)
東京簡易裁判所 (筆跡鑑定)複数 東京家庭裁判所 (筆跡鑑定)複数 東京地方裁判所 (筆跡鑑定)複数 山口地方裁判所 (筆跡鑑定)
宇都宮地方裁判所 (筆跡鑑定)宇都宮地方裁判所 (印影鑑定)岡山地方裁判所(筆跡鑑定)釧路地方裁判所 (筆跡鑑定)
釧路地方裁判所(印影鑑定)新潟家庭裁判所(筆跡鑑定)新潟地法裁判所 (筆跡鑑定)前橋地方裁判所 (筆跡鑑定)
大阪地方裁判所 (筆跡鑑定)大阪地方裁判所 (印影鑑定)岡山地方裁判所 (筆跡鑑定)熊本地方裁判所(印影鑑定)
千葉地方裁判所 (筆跡鑑定)高松高等裁判所 (筆跡鑑定)鳥取地方裁判所 (筆跡鑑定)静岡地方裁判所(筆跡鑑定)複数
名古屋高等裁判所 (筆跡鑑定)浦和地方裁判所 (筆跡鑑定)複数盛岡地方裁判所 (筆跡鑑定)広島地方裁判所 (筆跡鑑定)
東京法務局訴訟部大津地方裁判所(筆跡鑑定)熊本地方裁判所(筆跡鑑定)さいたま地方裁判所(筆跡鑑定)複数
大阪高等裁判所 (筆跡鑑定) 東京高等裁判所(印影鑑定)複数 京都裁判所・刑事部 県警本部から筆跡鑑定依頼(嘱託)
横浜地方裁判所・複数  鑑定人氏名「川野一吉」 沖縄地方裁判所・複数 九州各裁判所・複数
「遺言書」の真偽鑑定は初期検査で決まる。   要予約    初期検査実施中 無料   
佐村河内氏「指示書」「反省文」筆跡鑑定    フジTV 全国放送 北朝鮮が提出した
 
横田めぐみさんの写真と筆蹟鑑定 
16-8TV「命のビザ」杉原千畝
出生地の謎
           
   印鑑が危ない 東京高等裁判所選任依頼されています。
     
テレビ゛全国放送・( 筆跡・印影)
 週間フライデー  防衛省の最初の疑惑を筆蹟鑑定で暴く     映像 川野 フジTV北朝鮮が提出した、横田めぐみ、 さんの写真と筆蹟鑑定 映像 川野
 テレビ朝日 詐欺師を筆蹟鑑定で追跡する。韓国テレビ取材  映像  早津  某TV 偽造契約書でマスコミを騙した、地方公務員の筆蹟鑑定 川野
 関西テレヒ 遺言書の詐欺行為の事実を取材, 偽造戸籍  映像 早津 他人の戸籍を取得した詐欺師を筆蹟で追い詰める。   
 日本テレビ 携帯電話の身分詐欺の行為を筆蹟鑑定で追跡 映像 川野   関西テレビ・筆蹟鑑定撮影風景 映像 
関西テレビ・遺言書の筆跡鑑定の分析説明を撮影・川野
 テレビ朝日 自民党政務調査費の領収書、筆跡鑑定 映像川野 京都・舞鶴女子高校生の殺人事件、写真鑑定     青木
    
  斉藤鑑識証明 元警察鑑識29年間 狭山事件
              ・季刊刑事弁護連載
冤罪9件扱い
  ポールエドホルム・法廷サイン 鑑定官・米国 89()米国 法廷手 法廷 米国法廷鑑定官
・ 
  川野一吉鑑定士・VIP警護・米国調査集団
    1980就任日刊現代・顧問  INTERSEC4,5,6就任・東京嘱託鑑定士
  科学鑑定・刑事事件鑑定士   鑑識関係者 3名(専門部門) 
                         青木文鷹・刑事事件(嘱託)
      証拠   
裁判官は中立だと考えがちですが、証拠に基ずいた結果を判定します。そのため、証拠というものは第三者(裁判官)でも理解できるように蒐集しなければならないのです。 偽造にも悪用できるような技術が発達し、今まではプロでなければ出来なかったようなことが、素人でも簡単に応用できる現実があります。 いろいろな方法で悪意が攻撃してきます。
その攻撃に対して、あなたは、自分ひとりの力で守れますか?
偽造文字
筆跡鑑定は、作為的な疑問筆跡は模倣筆跡(他人の筆跡を真似て書いた文字)を区別すると「臨書」(他人の文字の形や運筆を真似て書く) 「骨書」(他人の文字を透写する。所謂、敷き写しである) 他に、作為的なものが多いのは「遺言書」「契約書」などである。「誹謗文書」は、韜晦筆跡が多い、自己の筆跡を隠蔽する目的で書く文字。中には定規などでの文字筆記具以外で書いたものもある。印影は、他人の印顆(印鑑) 無断使用する。印影→印鑑を偽造する。真正印影をコンピューターに入力して、自動彫刻機で印顆を作成する。同じ方法で印影のシート作成する。他にも、印影偽造は色々な方法で再現されている。
筆跡鑑定は、作為的な疑問筆跡は模倣筆跡(他人の筆跡を真似て書いた文字)を区別すると「臨書」(他人の文字の形や運筆を真似て書く) 「骨書」(他人の文字を透写する。所謂、敷き写しである) 他に、作為的なものが多いのは「遺言書」「契約書」などである。「誹謗文書」は、韜晦筆跡が多い、自己の筆跡を隠蔽する目的で書く文字。中には定規などでの文字筆記具以外で書いたものもある。印影は、他人の印顆(印鑑) 無断使用する。印影→印鑑を偽造する。真正印影をコンピューターに入力して、自動彫刻機で印顆を作成する。同じ方法で印影のシート作成する。他にも、印影偽造は色々な方法で再現されている。
日本法上、本来「署名」とは自署(手書きの記名、いわゆるサイン、を指すが、自署に代えて記名捺印が求められることが多い。商法32条は、商法上の署名は記名捺印で代えることができることを規定している。記名捺印とは、氏名・名称を記し(手書きに限らず印刷等で構わない)、併せて印鑑を押捺することをいう。署名と押印の両方が必要とされる場合には、署名を記名捺印で代えることができない。そのような例はごく少数であるが、たとえば遺言の作成に当たっては、自筆証書遺言の場合は遺言者の、秘密証書遺言と公正証書遺言の場合は遺言者、証人と公証人の、それぞれ署名と押印が必要である(民法第968条、第969条、第970条)。また、戸籍に関する届出も届出人や証人の署名と押印が必要とされる(戸籍法第29条)が、
署名できないときには氏名を代書させ押印(または拇印)することで足りる(戸籍法施行規則第62条。ちなみに印を持っていないときには署名だけで足りる)。 自分の名前である「署名」
というものは、幼少期より沢山書いており、永年の書字生活において構築されているものである。幼児学生時代は、精神も多少不安定であるが成人と共に安定して、筆癖も年齢と共に安定してくると言われている。30〜70才となつても、その筆跡者の「筆癖」は大きくは、変わらない。    
署名  
日本法上、本来「署名」とは自署(手書きの記名、いわゆるサイン、を指すが、自署に代えて記名捺印が求められることが多い。商法32条は、商法上の署名は記名捺印で代えることができることを規定している。記名捺印とは、氏名・名称を記し(手書きに限らず印刷等で構わない)、併せて印鑑を押捺することをいう。署名と押印の両方が必要とされる場合には、署名を記名捺印で代えることができない。そのような例はごく少数であるが、たとえば遺言の作成に当たっては、自筆証書遺言の場合は遺言者の、秘密証書遺言と公正証書遺言の場合は遺言者、証人と公証人の、それぞれ署名と押印が必要である(民法第968条、第969条、第970条)。また、戸籍に関する届出も届出人や証人の署名と押印が必要とされる(戸籍法第29条)が、
署名できないときには氏名を代書させ押印(または拇印)することで足りる(戸籍法施行規則第62条。ちなみに印を持っていないときには署名だけで足りる)。 自分の名前である「署名」
というものは、幼少期より沢山書いており、永年の書字生活において構築されているものである。幼児学生時代は、精神も多少不安定であるが成人と共に安定して、筆癖も年齢と共に安定してくると言われている。30〜70才となつても、その筆跡者の「筆癖」は大きくは、変わらない。    
認知症か震え文字
「ふるえ」は、高齢、病弱、障害、動揺などが原因で書字運動が不自 由の場合 に文字に振幅や波長の大小が見られる。他に、心理状態に大 きく影響されて渋滞も見られる。文面は、書字運動が不自由で不安定なために生じた文字は「始 筆、終筆の前後に運筆と異なる不自然な細い線が見られる」文字の振 幅や波長が小さい。以上は、古典的鑑定法で一個の文字から 入筆・始筆・筆蹟中の個々の 字画について、字画形態、転折部、接合部、送筆部の状態等と検査す る鑑定方法である。もちろん、当職もこの鑑定方法で鑑定書の多くを提出しているが、近 代は法科学鑑定方法と、コンピューターを駆使して検査である。この法科学鑑定方法及びコンピューター検査も「原本」が適性である が、鑑定資料の一部分を除いて「複製」でも検査に支障はない。


言書をめぐる係争で警察(科捜研出身)鑑定人・三人が敗れる    平成20年11月、大阪高裁は京都の人気かばん店「一澤帆布」の遺言書をめぐる争いに逆転判決を下した。 近代統計学に裏付けされた客観的判断基準となる数学的な数値解析法へと法科学筆跡鑑定方法となっている。 一澤帆布事件では何故警察の筆跡鑑定が敗れたのか?,(09−1−28

 強制的に指紋採集